アトピー石鹸の選び方のコツ

乾燥の季節は保湿力の高いアトピー石鹸を選ぼう

この記事は1分で読めます

最近、肌の弱い人が増えてきている印象があります。

 

季節によって程度の違いはもちろんあります。

季節の変わり目は肌の調子を落としやすくなります。

 

そして冬は乾燥が酷くなり皮膚科に通う人が続出します。

アトピー性皮膚炎を患っている方は、特に乾燥に注意が必要です。

 

あまりにも酷い状態では自分だけではどうにもならないので、

専門の皮膚科に通うことをおすすめします。

 

 

石鹸で肌スキンケアをしよう

肌の改善には毎日の積み重ねが大切です。

 

これ以上悪くならないためにも

自宅で出来るスキンケアも積極的に行いましょう。

 

毎日使う石鹸が何よりも重要になります。

石鹸の役割は、体に付着した汚れを取ることが第一です。

 

しかし汚れをしっかり落とすということは、

その分肌への刺激も強いはずです。

そこで、保湿力の高い石鹸を使えば、乾燥は防げると思われます。

 

肌の弱い赤ちゃんでも使用出来る程、肌に優しいものが良いでしょう。

また保湿成分を含んだ石鹸が結構あるようです。

 

 

石鹸によく使われる保湿成分

まずグリセリンという保湿成分は石鹸によく使われる成分です。

グリセリンは、吸湿性が高いことでも有名です。

 

つまり空気中にある水分を外から肌の中へ吸収して、乾燥を防いでくれるのです。

 

またオレイン酸を含む石鹸も使用してみましょう。

オレイン酸は脂肪酸の一種で、

これが不足すると乾燥肌や肌荒れに繋がりやすいと言われています。

 

このように保湿力を高める石鹸を使えれば、乾燥の改善が期待出来ます。

 

アトピー性皮膚炎は、根気よく付き合っていかなければなりません。

 

常に意識して、肌を乾燥させないようにするべきです。

少しでも肌のかさかさが気になったら、

保湿力の高いクリームも併用して使いましょう。

 

アトピー性皮膚炎に合ったスキンケアを継続していければ、

きっと肌の調子も良くなるでしょう。

あわせて読みたい

RETURN TOP